カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
和雑貨と日本の道具のお店 とうび 営業中 


縁起物□招き猫 宝くじ入れ 金運招来□ 龍虎堂 ねこの置物 日本製 


宝くじは金の巾着入れて、後は当たるのを待つのみ!
にっこり笑顔の招き猫が、幸運を招いてくれそうですね。



宝くじ入れ 開運 招き猫


宝くじって以外と買ってからの保管場所に迷いませんか?

最後は結局「運」に左右される宝くじだからこそ、
運気を高めて待ちたい、運をつけるにはどうすればいい?
どうすれば運を高められるのかは永遠の課題ですね。

そこで、この「招き猫 宝くじ入れ」をお薦めしたいと思います。

「金運招福」の大当たり招き猫が、運を引き寄せています。
さらに金の巾着袋には「紅白梅」と「めで鯛」が描かれ、縁起の良さがてんこ盛りです。

金運は入口から入ってきて、そこから離れた隅に溜まるそうです。
ですから、こちらの宝くじ入れを部屋の入口からもっとも遠い部屋の門に置くと
さらに効果が期待できるかもしれませんね!

素焼きの陶器に丁寧に彩色した、
インテリアとしてもかわいい縁起飾りです。


縁起物□招き猫 宝くじ入れ 金運招来□ 龍虎堂 ねこの置物 日本製 

価格:

1,500円 (税込 1,620円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる



■ サイズ  幅15センチ×奥行12センチ×高さ9センチ 
■ 素材  素焼陶器製 など  
■ 原産国  中国


招き猫の由来には諸説あるようです。

一つだけご紹介しますと、東京都世田谷区にある豪徳寺が発祥という説があります。
江戸時代に井伊直孝(1590年〜1659年)が荒れていた豪徳寺の前を通りかかった時、
豪徳寺の飼い猫が門前で手招きをするような仕草をしていたので立ち寄って休憩をしました。

豪徳寺のお寺の和尚がもてなし、説法していると雷雨になり、雨に降られずにすんだうえに、
ありがたい話が聞けたことを喜んだ直孝は、後日、豪徳寺を立て直すために多額の寄付をし、
豪徳寺は盛り返したそうです。

和尚は荒れていた寺が再興したのはネコのおかげと、この猫が死ぬと墓を建てて弔いました。
後世に境内に招猫堂が建てられ、猫が片手を挙げている姿をかたどった招福猫児が作られるようになり
こちらが現在の招きネコの元になったとか。

井伊家の居城だった彦根城のゆるキャラとして大人気の「ひこにゃん」も、
このネコがモデルとなっているそうですよ。

手招きしたネコは三毛猫だったのでしょうか?


ページトップへ