カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
和雑貨と日本の道具のお店 とうび 営業中 


縁起物□はりこーシカ 招き猫(柄)□ 龍虎堂 ねこの置物 日本製  

マトリョーシカならぬ「ほりこーシカ」。
愛嬌ある猫達が、中からポコポコ出てきます!
お部屋に合わせて、自由に飾って楽しんでください。

招き猫 ネコの置物 龍虎堂 リュウコドウ マトリョーシカ


なんと可愛らしい招き猫でしょう!

色白の猫ちゃん達が、どんどん出てきて楽しくなってきますよ。

こちらはブチや三毛など色々な柄の猫ちゃんの組み合わせです。
色違いで白猫ちゃんのみの組み合わせもございます。

ずらりと横に1列並べても、バラバラに飾っても、飾る場所に合わせて
自由に楽しんでいただけます。

そしてなんといっても、にっこり笑顔で優しいお顔をしている所が
一番のお薦めポイントです!

ご自宅様はもちろんですが、開店祝い、開業祝い、新築祝い、引越祝い、誕生日、
長寿の御祝、快気祝い、母の日、父の日、敬老の日などなど、さまざまな贈り物にお薦めします。

招き猫はご家庭ですと玄関や部屋の入口に、お店ですと入口や受付、
レジカウンターなど「迎える」場所に置いてください。

よく見かける陶器の招き猫はちょっと怖いな・・・と思う方にも、
こちらの和紙のシリーズはお薦めです。

縁起物□はりこーシカ 招き猫(柄)□ 龍虎堂 ねこの置物 日本製  

価格:

3,500円 (税込 3,780円)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる



■ サイズ  幅10.5センチ×奥行10.5センチ×高さ13センチ(収納時のサイズ) 
■ 素材  和紙 など  
■ 原産国  ベトナム


招き猫の由来には諸説あるようです。

一つだけご紹介しますと、東京都世田谷区にある豪徳寺が発祥という説があります。
江戸時代に井伊直孝(1590年~1659年)が荒れていた豪徳寺の前を通りかかった時、
豪徳寺の飼い猫が門前で手招きをするような仕草をしていたので立ち寄って休憩をしました。

豪徳寺のお寺の和尚がもてなし、説法していると雷雨になり、雨に降られずにすんだうえに、
ありがたい話が聞けたことを喜んだ直孝は、後日、豪徳寺を立て直すために多額の寄付をし、
豪徳寺は盛り返したそうです。

和尚は荒れていた寺が再興したのはネコのおかげと、この猫が死ぬと墓を建てて弔いました。
後世に境内に招猫堂が建てられ、猫が片手を挙げている姿をかたどった招福猫児が作られるようになり
こちらが現在の招きネコの元になったとか。

井伊家の居城だった彦根城のゆるキャラとして大人気の「ひこにゃん」も、
このネコがモデルとなっているそうですよ。

手招きしたネコは三毛猫だったのでしょうか?


【ちぎり和紙商品について】

和紙はその特性上、色は均一ではなく繊維の大きさもばらつきがあります。
それらは和紙本来の魅力であり、特徴です。
また文字や顔の表情などは、ひとつ一つ職人さんの手で描かれていますので
まったく同じものはありません。
手づくりの、なぜか落ち着く温かさをぜひお楽しみくださいませ。
ぜひ身近に置いて「ほっこり」癒されてください。

ページトップへ